2009年12月14日

n(ー_ー?)ン?その3

二男には少し障害があった。

見た目では判らないのだが

話をしてみると

言語面での不便さがあったみたいだ。

 

 

ことが起きたその日

ははと最後まで一緒にいたと思われる二男に

警察は 事情を聴いていたが、

夜遅くまで時間がかかったのは

その性もあったのかもしれない。

 

 

奥さんの元気そうな姿を

亡くなられた日に見たんだよね。

 

隣家の主婦が ぼくのははと話をしていた。

 

 

 

普段

近所の人たちともあまり付き合いが

なかった方だったんじゃないかな。

 

奥さんは 1人でよく

どこかへ買い物に出かけている。

 

ぼくは何回か玄関前で、

散歩から帰ってきた奥さんと

旦那さんがすれ違うのを見たことがあった。

旦那さんと言葉を交わすことはなく。

 

 

よく聞かれる話だ。

 

 

 

奥さんは

ここ最近、痴呆が進み

旦那さんが介護をしていたらしい。

二男が障害者で

奥さんが痴呆症…

 

旦那さん1人で大変だったろうに‥。

 

 

 

 

 

警察も当初は

事件性があると思い調べていたのだが、

障害のある二男とははとが

何日か2人で暮らしていた中で

なにがあったのか解からないまま

幕をとじることとなった。

 

 

奥さんが発見された次の日、

近くの葬儀場で

しめやかに式が行われた。

ラベル:小説
posted by 月野 at 11:42| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | zakuska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

n(ー_ー?)ン?その2

隣家の奥さん(72)が

浴槽のなかで死体で見つかった。

 

近くに住んでいる長男夫婦が

2日ぐらい前から ははの姿を見かけず

不審に思い、家を訪ねたところ

浴槽で亡くなっている

ははを発見したらしい。

 

 

 

死体が発見された日

奥さんと一緒に居たと思われる人物は

二男だけだった。

 

旦那さんは

奥さんが発見される

3日前から体の調子が優れないらしく、

一週間くらい

検査入院をしているとのことだった。

 

 

 

警察は

奥さんの死にかたが不自然だったこともあり

ずっと一緒に居たと思われる

二男に事情を聴いていたらしい。

 

夜に救急車と警察官が

来ていたのは、その理由からだった。

 

 

 

 

 

奥さんが発見された

次の日の夕方...

 

ぼくが学校から家に帰る途中、

隣家近くでパトカーが通っているのを見た。

 

まだ居るのかな・・・

 

 

隣家の前には

一台のワゴンタイプの車が停まっていて、

全身白いレインコートらしきものに身を包んだ

ひとりの女性が

後部座席から長いホースを使い、

玄関から家中までへと伸ばし、なにかを掃除しているようだった。

 

ぼくはそれを横目に

倉庫に自転車をいれ、家へと入って行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

空はどんより曇り空だった…。

 

 

きょう遅くから、降るっていってたな・・

 

 

 

ラベル:小説
posted by 月野 at 16:51| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | zakuska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

n(ー_ー?)ン?

昨日 夜7時過ぎ..

 

 

コタツで横になっていたら、

あねが

 

前の家に救急車が停まってるよ」 と言っていた。

 

あねとちちが話をしている中

ぼくは、それをボーと聞いていた。

 

 

割り込み話しとなるが

ぼくの家は

玄関のすぐ横に、上への階段がある造りとなっている。

 

 

1時間ぐらいして、ぼくは2階へ上がるため

玄関を通った時に、

夜8時にしては、外が少し明るい感じがした。

 

なにかのライトで照らされているような…

 

 

 

「なんだろ・・」と思い

ぼくは

玄関横の小窓から明りのほうへと覗いてみた。

 

 

隣家の入口付近には、3・4人くらいの人が居て

音は鳴らしてはいないが、

全面ライトを照らしている救急車が停まっていた。

 

 

さっき ねぇさんが言ってたやつだ・・

 

 

 

その後

2時間ぐらい経った夜10時ごろ。

 

救急車はなかったが、

今度は一台のパトカーが止まっていて

外に2人くらい警察官が立っていた。

 

 

 

その後は

うちの(野次馬)ちちからの情報による

 

 

覆面パトカーが来ていた

何人かの警官と共に。

 

鑑識らしき人達が、しょっちゅう出入りをし

何かを調べていたようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

n(ー_ー?)ン?

 

 

 

 

一体 隣家に

なにがあったというのだろうか・・・・・?

 

ラベル:小説
posted by 月野 at 17:01| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | zakuska | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

2009 今月の標語

  自 お

  分 金

  を は

  豊 そ

  か の

  に 使

   も い

  貧 方

  し に

  く よ

  も っ

  す て

る 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解説】

 

 

 

お金というものは、

その扱いがなかなか難しいものです。

 

 

お金は大昔から流通の媒体として

人間社会で重宝されてきて、

私達が社会生活を営む上で是非必要で、

有り難いものであることは言うまでもありません。

 

しかし、お金を使う

人の心や思いで貴くもなれば卑しくもなる、ということに

改めて気付かねばなりません。

 

つまり、お金は人が上手に使ってこそ、

その素晴らしい可能性を発揮できるのであり、

人がお金に振り回されているようでは、

お金自体が醜いものになってしまうのです。

 

 

「お金さえあればなんでもできる」

 

などという発想は、まさに、

人がお金に縛られてしまっている姿だと言えるでしょう。

 

お金本来の働きは、

あくまでも社会に流通してこそ、

その真価が発揮されます。

 

 

それが

「とても大事だ」

 

と思うことであれば、

 

他人のため、社会のため、

自分のための区別なく、

惜しみなく出せる心を養うことが、

自分も人も豊かになっていける第一歩なのです。

ラベル:標語
posted by 月野 at 15:53| 🌁| カテゴリなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

2009/11/02 16:34

(つω・*)

 

 

 

 

CURURUのサービス終了日に関しまして、

バックアップ期間の延長に伴い、サービス終了日を2010年3月31日(水)に
変更することが決定いたしました。

このたびバックアップ期間を延長した背景といたしましては・・・

 

 

延ちょ-してるのネ(つω・*)

ラベル:延長
posted by 月野 at 19:37| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | デッド−ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

2009/5/11 15:28

それは、突然 届いた。

 

 

 

 

 

 

 

本メールは、CURURUにご登録いただいたメールアドレス宛てに
お送りしております。
重要なお知らせのため、メールマガジンを受信しない設定にしている
お客様や既に退会されているお客様宛てにもお送りしております。

 

 

 

 

月野
CURURU運営事務局でございます。


いつもCURURUをご利用いただき、ありがとうございます。

この度、CURURUをご利用いただいておりますお客様へ
お伝えしなければならないことがございます。

2005年6月にオープンし、2006年6月の大規模なリニューアルを経て、
今日までサービスを続けてきたCURURUですが、
2009年11月30日(月)をもちまして、サービスを終了することが
決定いたしました。

CURURU事務局として、サービス終了のお知らせを出さなければ
ならないことは誠に残念であり、また、ご利用中のお客様に対して、
大変申し訳なく思っております。

サービスの終了が決定するまでの過程の中で、
サービスの存続についてあらゆる手段や可能性を検討いたしましたが、
昨今の経済状況の低迷の中、弊社としましても事業の選択・集中を
余儀なくされる状況にあり、収益化していないCURURUの存続は
難しいという結論に至りました。

なお、サービス終了までのスケジュールは以下の通りです。

2009年5月11日         
・サービス終了のお知らせ
・新規会員登録の受付終了
・特集号の終了

2009年6月(日にち未定)
・データバックアップツールの提供開始

2009年11月30日
・サービス終了・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

(´;д;`)終わってしまうのね・・・。

 

 

2006年7月に開設してから

ここ(CRR)で出会った

たくさんの絡み友達さんへ

(。┰ω┰。) 今までありがとうございました。

 

 

 

皆様がたに感謝(uωu人)・

 

 

 

・・たぶん?

この記事がラストかも・・です???

 

Inした時には、絡みにいきますね(♪´▽`*)

 

 

 

まだまだ引っ越しの途中ではありますが

また遊びに寄ってください。

 

http://myhome-cururu.seesaa.net/?1257411342

あれ・・

引っ越さんではなかったというぉ話も・・(笑)

 

ラベル:さようなら
posted by 月野 at 18:01| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | デッド−ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

2009 今月の標語

  向 言

  上 い

  へ 訳

  の が

  道 う

  が ま

   閉 く

  ざ な

  さ る

  れ ほ

  て ど

い 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解説】

 

 

 

失敗をしたり、

人の期待を裏切った時、

素直に自分の非を認めるのは勇気のいることです。

 

「自分は悪くない」

と、ついその原因を他に求め、言い訳をしたくなります。

 

 言い訳は他人に対してだけではありません。

 

「あれをしよう、これはやめよう」

と強く決意しながら実行できなかった時、

 

「こんな状況だから仕方がなかったのだ」

 

などと理由付けするのは、

自分自身に対する言い訳です。

 

 

自分の心の中のことですから、

誰に咎められることもなく、

簡単に言い訳が通りますが、この時、

向上の芽を自ら摘んでしまっていることに気付かねばなりません。

 

自分に非がある以上、

失敗は素直に認め、他人には謝罪を、

自分には反省をして、

その辛さをバネによりよい生き方を目指すのが

本当の知恵というものです。

 

 

目先の楽を求める気持ちが

言い訳をさせるのだと知り、それらを捨て、

勇気を持って自分の至らなさに直面し、

 

一歩ずつ向上の道を歩んで行こうではありませんか。

ラベル:今月
posted by 月野 at 01:01| 🌁| カテゴリなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

おじさんの涙(*pω0`。*...)

 
 
 
友達と
ランチフォーク・ナイフ.gifバイキングに行ってきて
その帰りのl09.gif電車の中でのお話。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斜め後ろの席から
泣きながらb02.gif話している声e10.gif・・
 
 
 
わしはよぉ〜いろいろで もう駄目だって・・
 
 
 
a04.gif
 
明らかに
昼間っからo01.gif酔っ払い///
 
 
声のした主の方を
見てみると...
 
 
50後半くらいの作業着を着たおじさんと
30前後ぐらいの男性の方が、
隣り合わせで話をしていた。
 
 
50代の人が
缶ビールo01.gifを持ちながら
30代の人にd01.gif
一方的に絡んでいるようだった。
 
 
 
あれ・・このまま終点に行くんですか?
 
 
ういっ  ・・行くよ
 
 
幾通りかの会話を聞いてるところ・・
ただ隣同士に乗り合わせた
赤の他人らしい....
 
 
 
30代の人も
困った顔をしながらa04.gif
なんとかかんとか話を合わせながらも
にこにこしていた。
 
 
なぜか席を移動し始める
酔っ払いo01.gifおじさん///
 
通路を挟んで座っていた
若者くんにも絡み出したh03.gif
 
 
うわっ・・絡みはじめた・・・
 
 
すぐ後ろの席から
おじさんの声が聞こえてくるので、
後ろの席をチラッと・・
 
!!
 
その若者くんと目が合った瞬間e10.gif
 
助けろよ。a03.gifといわんばかりの
若者くんの鋭い眼差しh02.gif
 
 
 
 
ごめんなさい。
助ける術を知りません・・a02.gif
 
 
 
ぅぃっwwちょっと〜いぃかぁ〜
 
 
 
c07.gif
 
 
 
背後で声が
 
a04.gif
 
 
きたっ・・
(次は並び順的に、僕の番でしたよね)
 
俺の横の席に酔っ払い///
 
 
おれわなぁ〜
 
 
 
座ってそうそう口を開くおじさん。
 
・・・泣いてらっしゃいます・・
 
 
 
くさった女にわ・・気をつけろよ
 
 
a04.gif
 
「は  ・・はぁ」
 
 
 
酔ってる男が なに言ってるだろーって思うけどな
 
若者よ、頑張れよ
 
 
なんか握手を
(なかば強制的に)e09.gif
求めてくるおじさん。
 
!!握力最強b08.gif
握ってきてはるな・・・こやつe10.gif
 
 
がんばれよ
 
 
俺はおじさんに答えるように。
 
 
「頑張りますね。」
 
なにをじゃあwwwb02.gif()
 
即効否定d01.gif
 
どゆこと??
 
 
 
ちょっとこれ ええか・・
 
 
我がテリトリー内である窓際に
ゴミをかってに置いていって
(・・これはスルメの干したやつかぁ)
 
おじさんo01.gif
次なる獲物を求め、後部座席の方へ・・l09.gif
 
 
 
到着駅に着くまでの間、
後ろからおじさんの絡む声が
何度か聞こえてきていた。
 
 
 
(・・さっきも聞いたようなぉ話だったりもする)
 
 
結局
(そのおじさんは)
俺と同じ駅停まりだった。
 
 
 
けっこう見て見ぬふりしている人達も多かった
(てか、ほとんど)の中、
 
その30代の(最初に絡まれてた)
男性の方は
 
 
バックを忘れていますよ
 
と、そのおじさんに声をかけていた。
 
 
 
同じ車両の、絡んだ人達にむかって
おじさんは最後に
 
 
道中気をつけてな・・・
 
よくわかんないけど、ありがと・・
 
 
 
 
 
 
・・・ありがと
 
 
 
 
哀愁漂っていたのを思い出す。
 
 
4日前の電車中での、お話でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 
 
 
 
今日のお昼
 
 
モダン焼き
 
 

 

 

 

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ラベル:バイキング
posted by 月野 at 14:08| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 出会った人達☆ミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

2009 今月の標語

  ま 伸

  る び

  人 る

  は 人

  気 は

  付 終

   か 始

  ぬ 努

  所 力

  で し

  怠 行

  け き

  て 詰

 

 

 

 

 

 

 

【解説】

 

 

 

終始努力を続けることは、

言うは易く、行うのはなかなか難しいものです。

 

たゆまず努力を続けていくには、根気や勤勉さだけでなく、

目標を設定することや

目的意識を持つことがより重要になってきます。

 

 

どうしても達成したい、

獲得したいというものがあり、

それに向かって進みたい、

近付きたいという気持ちが強ければ強いほど、

努力の度合いや継続性が高くなっていくのは当然です。

 

試行錯誤や失敗を繰り返しながらも、あきらめず、

粘り強く努力を続けていれば、

その道程でさまざまなことを学習し、確実に蓄積していけるのですから、

自分の力は着実に伸びていきます。

 

 

反対に、

いくら目標や目的を決めても、

達成しようとする気持ちが弱ければ、努力に真剣さが加わらず、

勝手な理由をつけて怠けようとし、また、

少しの困難や失敗にもすぐにくじけ、

結局行き詰まってしまいます。

 

 

努力を続けることこそ、

自分を伸ばす条件だと強く認識していきたいものです。

ラベル:標語
posted by 月野 at 23:45| 🌁| カテゴリなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

写真家集。亜麻色の風

あとがき

 

 

私は旅が好きです。旅には夢があります。

飛行機嫌いの私にとって、海外旅行は夢の夢でした。

 

数年前、意を決して「ギリシア撮影ツアー」に参加しました。

青い海、白い島々、城壁の街、ロバに乗ったおじさん。

とても新鮮で素晴らしく、親切な写友たちにも出会い、

楽しい数日間を過ごしました。

 

その後、ドキドキしながら訪れたヨーロッパでは、

夢風景に出会い、どこの国へ行っても、やさしく、

温かい人たちが、快く写させてくださり、

歴史のある街では長い時間の流れを感じました。

亜麻色の風のなか、思いのまま、気のむくまま、

写した日々は、私にとって夢旅でした。

 

昨夏、思い出深い中東欧を大洪水が襲い、

特にチェコのプラハ、ドイツのドレスデンは被害が大きく、

エルベ川の川原で、私にほほ笑みかけてくれた

少年の笑顔を見るたびに心が痛みます。

一日も早い復興を祈っています。

 

 

最後になりましたが、写真集の出版にあたり、

序文をいただきました、齊藤康一先生、蜂須賀秀紀先生、

そして河野真進様に厚くお礼を申し上げます。

 

いつも応援してくれた家族には、心より感謝しております。

 

 

                       H15.1.1 芥川宏子

ラベル:海外旅行
posted by 月野 at 15:16| 🌁 | TrackBack(0) | □モノクロ〜現在■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。