2007年10月04日

小さき者たちへ

 
 
 
雲ひとつない満天の星空。
 
保育所からの帰り道、
幼い娘は私に聞いた。
 
『ママ、りなのパパは〜!?』
 
疑問に思う年齢になったか・・・。
 
 
 
 
 
 
私には、3人の子供がいる。
 
 
全てを失っても守りたいと思った、
 
私の宝物・・・。
 
 
 
チビよ・・・。

 
貴方には、父親はいない。
 
でも貴方の母が、父親でもあるのです。
 
ママが貴方を守ります。
 
どうか、ママを信じて
 
まっすぐな娘 』に育って下さい!
 
 
真ん中の娘よ・・・。

 
人を『 愛する気持ち 』は、
 
暖かくて優しいものです。
 
そして・・・父親がいない事は、
恥ずべき事ではありません!
 
その事でいじめるような人間は
 
友達 』ではない!
 
たくさん泣いてもいい。
 
その分、強く、愛する人に出逢えたら、
 
相手を信じて幸せになりなさい!
 
 
 
息子よ・・・。
 
 

 

 
打たれる痛みを知る人間は、強いです。
 
そして、優しいです。
 
貴方の痛みは、母の痛みです。
 
人の痛みのわかる、
 
強くて大きな器の人間になりなさい。

 
愛する人を、全力で守れる『男』に・・・、
 
そして『 父親 』になりなさい。
 
どうか自信を持って!
 
 
 
 
 
 
小さき者たちよ!
 
 
あなた達にとって私は・・・。
 
反面教師です!
 
でも、私は母親であり、
父親でもあります!
 
それぞれが、自らの足で歩き出す その時まで、
 
 
必ずあなた達を守ります!
 
守らせて下さい!
 
 
生まれて来てくれて、本当にありがとう!
 
こんな母親を支えてくれてありがとう!

 

 
 
 
 
 
小さき者たちへ
 
 
 
 
 
言葉に出来ない気持ちをブログに込めて・・・。
 
愛しい寝顔を見つめつつ・・・
 
たくさんの感謝を・・・。
 
 
 

 

posted by 月野 at 21:47| 🌁| Comment(20) | TrackBack(0) | 島~妬mpression | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。