2009年03月13日

2009 今月の標語

享 苦

楽 難

か か

ら ら

は 

失 学 

う ぶ

こ こ

と と

が が

多 多

い  く

   

  

   

 

【解説】

 

 

「売り家と唐様で書く三代目」

という川柳があります。

 

 

売り札の「売り家」という文字が、

道楽で覚えた中国風の

しゃれた書体だった、というものです。

 

 

つまり、初代が苦労を重ね、

辛酸をなめながら財を築き上げた資産家も、

三代目ともなると、苦労を避け、

贅沢に慣れて道楽にふけることが多く、

財産を使い果たして、ついには

家屋敷まで手放すはめにもなる、という戒めです。

 

 

人生において、人それぞれに苦難は付き物です。

 

 

そして、苦難に遭遇したときは、

それらを克服するために

全力を尽くして事に当たらなければなりません。

その努力精進を続けるうちに、

さまざまな人生の機微を学び取り、

そこで得たものが身について、人は向上していくのです。

 

 

苦難を嫌がり、

享楽にふけり、

安逸と怠惰の生活に慣れてしまうと、

 

 

そこから学び取るものは何もなく、

それどころか、活力も向上心も失って、

虚しく愚かな人生を歩むことになると気付いて欲しいものです。



ラベル:苦難
posted by 月野 at 20:10| 🌁| カテゴリなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

☆金ぷんw金ぷん(パート●´Д`)vツィ〜""

まごころ製法・堺銘菓

黄金の哲学

CASTELLA DE OURO SACCAI

 

 

 
以前に食べたカステェ〜ラ
再度、吟味〜
 
 
 
(゜゜)
 
なにやら,,,
(前のものより) 箱のパッケージが変わっとるがな・・?
 
********************
江久庵「黄金の哲学」
モンド・セレクション2008
金賞・受賞
********************
 
(゜о゜η);;;
 
なにやら・受賞テキな ww




「窯出し本熱」は、じっくり心込めて焼き上げた後、
何も足さず何も引かず、手を抜くことなく丹念に
熟成技術を結集させた独自のプロセス。


EH製菓だけの秘伝の熟成方法です。
この本熟により、お届け後2〜3日は常温のままで、
その後は袋に入れて冷蔵保存することで、
焼き上がり後10日間はおいしさのピークの状態を
保つことができるのです。

 

゜゜(+↑]ヾ■)この説明・お約束?〜

ラベル:カステラ
posted by 月野 at 11:12| 🌁| Comment(16) | TrackBack(0) | もぐo(^−^o) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。